〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
プロセスはたのし
 

府中市美術館で 横尾忠則 公開制作があり

二日 つづけて

見に いっちまいました  ☆



横尾さんといえば

インドへ に始まり

精神世界にどっぷりつかった 内容の 著書が よく知られているけど

わたしは その 横尾本に

学生時代 どっぷりはまったこともあり

絵の展示があるときも よく足を運ぶようになった



でも 制作風景を 目の前で見るのは はじめて



おおきなキャンバスに 

あっとゆーまに もうひとつの 世界への  ”入り口”

が えがかれてゆく



キャンバス に あらわれる  予期せぬ 線  色 . . . .

どきどき する



そして

宇宙とつながっちゃってるひとは  

まよい  ためらいがない



ライブペインティングのように

音に ひびきあわせながら  一気に描きあげてゆくのとちがって

200人超の観衆が

じっと しずかに  その筆先のゆくすえを見まもる中で  描いてゆくのは、

集中力もいるだろうし

ふつうなら とても たいへんな作業だと おもう



でも

横尾さんには 自意識がないから

ただ ひたすら  対象に むきあい  たのしむだけなんだろう

とても おだやかに さらさらと  描く


おだやかに  全身全霊 と なる その 感じ


みていて きもちがいいし

ああ  いいなぁ  と おもう



    人に好かれたいと思う人は最初からアーティストに向いていない

    無理に嫌われたいと思う人もアーティストに向いていない

    他人の評価を期待する人間も向いていない

    最も向いていないのは勇気のない人間だ


横尾さんのことば



なぜなら

じぶんが くるしくなるだけだからだ


自意識  エゴ

いずれ  それらは 執着 とゆー かたちになりかわり

さらに じぶんを しばり くるしめる


そして 

なにか  あたらしい  を  発信するときは

必ず  周囲が  ざわめくものだ

そこに 左右されない  勇気さえあれば

アーティストになれる


それが 横尾さん 自身が  自ら体験して  かんじたことなんだとおもう


彼は それらを すべて 手ばなした



りかい されないことって 

この世の中  あたりまえに そんざいする


パイオニアって  そういうところからみると   超越 してるのだ

なんの しばりもない

じゆう



横尾さんも パイオニア だよね



こちらは 年末のときに描かれたものだそう

これが昨日(三時間ちょっとで描きあげてた)


そして これが 今日(8割方おわり 休憩時)

そう すべて Y字路 シリーズ



 

終わりました。  終わったかわかりませんが、終わりました  


とかすれた声で 横尾さんが 言葉を放ち、 完成




今日も やく3時間半で 描きあげている


完成後は なかなか 声がでなかったり

けんしょう炎になってしまったり


見ている側からは わからない 大変さはあったようだけど


できあがった絵よりも、そのプロセスが重要なんだ と  何度も言っていた


うまれくる    ものがたりを  

その場で よみすすめてゆくような

どこまでも こじんてきで 

かつ ひらけてる たのしさ


できあがりではなく  

プロセス が たいせつで      もっとも たのしい 

と ゆーの         よおく わかる


それはなにも  絵や 作品だけに あてはまることではない





たのしかったなぁ



なんだか  なつかしい想いが  喚起され

わくわく

してきたよ




アート comments(0) trackbacks(0)
セツ展に
出展しているおともだちの 村井ちゃんの絵を観にいってきました

以前 ウタリのカレーも描いてくれました


絵をみはじめる前に

セツの建物や そこに共にある緑に 一瞬 目をうばわれ

しばらくたたずむ


そこで絵を勉強するひとたちに

どれだけの やすらぎと えいようを 

あたえたであろう その ふうけいに



セツの中庭(2階)が とってもすてきだとは聞いていたんだけど

ここが 都会のドまんなか であることを

わすれてしまうほど 

ゆたかで やさしい

ふしぎな くうかん 


ジブリの世界にも通ずるようなさ



こーゆーところで 絵のべんきょうができたら すてきだろうなあって

なんども うっとり

あたまのなかで くりかえしながら

絵を鑑賞させていただきました


見応えじゅーにぶんです


あれだけ たくさんの作家さんが 出展されてるのに

みなさん おのおのの世界観を ちゃんと表現されていて

すばらしかったです



そして 村井ちゃんのさくひんは やっぱり

あたたかくって 

眺めているだけで 心にひだまりができる


彼女 そのまんま が その 絵のなかに 存在してました


きょうの ひだまり大賞  



セツ展は あすまでです ☆彡







アート comments(5) trackbacks(0)
言霊の夕べ
先日 コヨーテの企画イベントへ行って来た。

大好きな詩人 谷川俊太郎さん

個展へも何度も足を運んでいる 絵描きの下田昌克さん

料理科の枝元なほみさん 

Coyote編集長 新井敏記さん この4人が旅された アラスカの軌跡を振り返る というもの。

アラスカは わたしにとっても憧憬の地のひとつ

大好きがたくさん詰まった 今回のイベント、

谷川さんの 詩の朗読があったり 鉄腕アトムの生歌を聴くことができたり

新井さんによる 星野ミッチーの想い出話が出たり

笑いの絶えない 楽しく貴重な時間が流れた。


谷川俊太郎 じきに80歳。  どこまでも瑞々しい感性。

まるで 青年のようで。


自分を拘束しないことが いかに大事か 彼をみていて 思った。

ルールを作ってしまうのは その人自身なのだ。

それに縛られるのも その人自身が選んでいること。

不可能と思えば すべての道は 遮断されるけど

可能と思えば 道は 必ず 通ずる。

意識が 現実をつくっている事実。

わたしは そこに 何度も遭遇してる。


これまでも 

そして これからも 

魂が行きたい方へ 

自分を向かわせてみよう。  谷川さんたちの話を聞きながら そんなことを思った。

限りなく 自由に 歩かせてみたい。

時には とんでもなく遠くへ 来てしまったなぁと 思うかもしれない。

でも

思いがけない世界に到達したら めっけもんだ。

あたらしい自分に 出逢えたら 

その分 たのしみが 増えるのだから。


人生の中で 後一歩を踏み出せない人は きっとたくさんいるだろうと思う。

そこには いろんな理由の 不安があるからだろう。

でも 世の中 なんとかなるものなのである。

それに気付いたら 心もからだも 動きだし

いろんなところに 光がさしてくる。  そういうもんだ。


枝元さんがおっしゃっていた 谷川さんの言葉

こういう言葉に ほっとする人も多いのではないかなぁと思うので

なんとなく 記してみる。


行き詰まったら

一拍おいて やりすごす

また行き詰まったら

一拍おいて ひとのためにやれることを する


シンプルでいて 動力を備えた 言葉だと 思う。

不安なんて 人間の思考が作り出す 魔物なのだから。


こういうご時世だからこそ なおさら

固定観念なぞ 通用しない。

そんなものは とっぱらって

なんとかなるさ と となえたら

もすこし あかるい世の中に なっていくのではにゃいのか。

言霊の力は すごいにょだ。


アート comments(2) trackbacks(0)
め〜ん
 sunui の ワークショップ  お面と麺へ。
 
鬼のお面を作って


麺を食べる。

なんとも画期的な sunuiらしい ワークショップ。

sunuiのみなさん さすが カーニバルにでも使えそうな 素敵な面々たちを 

いとも簡単に仕上げ、

一方 タイムリミットが近付くに連れ

だんだん カオスへ突入してゆく マイお面。

気が付けば 猫のばけもんみたいな 面になってました。

まったく すてきでない。  けど

ひたすら たのしい ものづくり。

帰りに
落ち会った まるちゃんが ガオー

魔除けに。

かなり めんジョイ した いちにち。




アート comments(0) trackbacks(0)
サンタの森
友人で、フリーランスアーティストの森直哉

現在面白い企画に応募しています。

なんでも この企画に通ると、世界一周の雑貨バイヤーになれるそうで、

彼は その旅を通して さらに 彼独自の企画を打ち立てたいと 目論んでいます。

マルチな才能で いつも周囲を楽しませてくれる彼なので

今回 この募集に通れば

かなり面白いことを しでかしてくれるでしょう。

彼の熱意に押され

わたしも投票期間中 ブログパーツを設置しますので

よかったら

ぜひ ポチっと お願いいたします ♪





アート comments(0) trackbacks(0)
heterohony 色彩 @ shimo
昨夜は 下北沢のERAで行われたイベント HETEROPHONY《色彩》へ
ウタリメンバーでもある ふみちゃんが ダンスパフォーマンスで出演するので
観に行ってきました。

このイベントは
芸術のカテゴリーに囚われず、
ミュージシャン/ダンサー/ファッションデザイナー/ VJ /画家など、
様々な芸術的表現活動を行っている若手芸術家(色彩)同士が、
集まって 面白い事をしようという
総合アートイベント だそうです。

若手とはいえ、みんなプロ意識を持った人ばかりで
その作品(ダンス、音楽、映像...)は どれもすばらしく 
五感を刺激されました。

ふみちゃんは 今回 ドラムとのセッションで ポイを踊りましたが
ドラムサウンドとの絡みが ひじょーに面白く、
暗闇に描き出される光の軌道が幻想的で うつくしく、観客をぐっと惹き付けていました。 

ふみちゃんは ちょっとセクスィなティンカーベルのようで とっても愛らしかった〜。
もっと観ていたいと思えるパフォーマンス。
今後のふみちゃんの進化がさらにたのしみになりました。


そして 今回は ふみちゃんが描いた 彼女らしい すてきな絵の作品も展示されました〜。

ここには ウタリメンバーの千鶴ちゃんと わたしの作品も登場します ♪
ほのぼう & きのこたち
そして 千鶴ちゃんの5つ指くつした ( わかるかな〜? )

この ふみちゃんの絵は 今後ウタリのベースとなるであろうスペースに

飾りたいね〜と話しているので

その時は じっくりと みなさんに鑑賞いただけると思いま〜す 
アート comments(0) trackbacks(0)
フィンランド?からの森だより
 「ほぼ日」で 毎年企画されている、

秋から冬にかけての 「あったかくて、いいもの」の ニューコンテンツで、

以前 展示でご一緒させていただきました 

きのこ・粘菌写真家 新井文彦さんが

「森のスライドショー」を 制作されました。


『フィンランドからの森だより』


フィンランドの森ではないけれど

幻想的で きらきらした うつくしい 北海道や東北の森の中が 見られますよ☆




ちなみに 

季刊シリーズで届けられていた センチメンタルテリトリー も おすすめです。

映像×言葉×音楽のコラボに

きゅん ときて

この題目から 粘土で人形を作ったこともありました。


秋も深まってきたところなので

シリーズその後の 『センチメンタルテリトリー冬ごもり』を。

かわいい せつなさ を きゅっと 抱きしめたくなります。


アート comments(2) trackbacks(0)
新・三銃士
縁あって知り合わせていただいた人形師 桑折康子さんが
操演されている番組が始まります。

彼女の操演を楽しみにしている一人としましては
とっても嬉しい!

連続人形劇『新・三銃士』(全40話)
三谷幸喜脚色だそうで、面白いそうです。

10月12日〜23日NHK教育テレビ
月〜金曜日 18時〜18時20分(10月30日〜は毎週金曜日18時〜18時20分に放送)

彼女を含め、他の操演者のみなさん 相当苦労されて制作されてるようですが、
そんな苦労も感じさせないくらい、とても自然で、まるで魂が宿っているかのような
操演をされます。

ちなみに、彼女はトレビィル隊長と猿のプランシェの担当だそうです。

10月12日(月)1チャンでは、
8時35分〜、再放送17時35分〜『新三銃士・まもなくスタートスペシャル』で
爆笑問題の田中さんのそっくりさん人形も操演されるそうです。

わたしは、オリジナルの三銃士も大好きで
これまでも 相当な数の小説や映画で親しんでいるので
今から すっごく楽しみです♪

one  for  all !     ひとりは みんなのために

all  for  one !     みんなは ひとりのために

ん〜 このセリフがでてくると
毎度 武者震いがするのは わたしだけか。。。?

みなさんも ぜひ この機会に ごらんになってみてくださ〜い ☆
アート comments(4) trackbacks(0)
美しい日本の棚田

大地の芸術祭に行ってきた友人から 写真が届いた。



大地の芸術祭は、美しい棚田の広がる 越後の里山を舞台に

3年に1度開催される 世界最大の国際芸術祭で
続きを読む >>
アート comments(2) trackbacks(0)
愛に生きた女 

フリーダ・カーロ

 

この一点だけでも

観に行く価値 あるよ 


絶賛 公開中 



アート comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>
Save the 下北沢