〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
陰陽神社(じぶんにっき)
かぞくで山へ車であそびにいった帰りに

とつじょ

陰陽神社 という 巨大看板が目の前にあらわれた


陰陽神社といえば 今年の頭の帰省中に

その話題でもちきりになった時があり

次の帰省時には必ず立ち寄ろうと思っていたのが

もう半年以上 すっかり忘れてしまっていた


陰陽神社は 陰陽山森林公園内にあり ウナギ犬狛犬と陰陽石(夫婦石)でも有名なところ

いざなぎ いざなみが まつられていて 三光信仰があったともいわれている


ふもとの公園には立ち寄ったことはあるものの 参拝はしたことがなかった



看板が目に入った瞬間  なんだか呼ばれているような気がしてならず

父に車を引き返してもらい

近くまで行ってもらえるよう頼んだ


平日とはいえ 人影もない ほんとうに自然しかないところだ


陰陽山を少しのぼったところに駐車場があり

その目の前に 先の見えないほど長くつづく階段の参道があった



写真でみるよりも薄暗く 階段は苔むしていて

長らく人が来ていないような空気が 感じられた


駐車場の端  ひときわ大きい 人間の大人くらいの大きさのお地蔵様に

一瞬 ドキっとさせられる


猫背のめずらしい そのお地蔵様の顔は 普通のお地蔵様に比べると

顔立ちがはっきりしている上に うっすらと微笑んでいて

今にも 笑い声をあげそうな雰囲気だった


さて 本殿まで と思いつつも

果てなくつづくように思われる階段を見上げていたら

今回はいいかしら。。。という気分にもなりつつ


でも 呼ばれている気は たしかにするし


でも しばらく人も来てなさそうだし

なんだかへびも出そうだし すずめばちも出そうだし

なぜかめずらしく そんなことをつぶやきながら ためらっていると



80手前になる父が 

おれは行くぞ〜 と言い放ち

制止する母やわたしの声を無視して

階段を上がっていってしまった



幼い頃から 父は わたしを楽しませるのが上手だ

いろんなことを おもしろがって

わたしに興味を抱かせる


山男の父は わたしがまだ幼い頃から よく登山へ連れていき

大人でもへたばるような山を わたしは父の後について 登った

母や 三つ上の兄さえも 疲れてペースが遅くなっている中

わたしは 父の足が 一歩一歩大地を踏み締めのぼってゆくリズムが好きで

それをくずさないように 後を追いかけるのが好きだった

自分の息のリズムと 父ののぼってゆくリズムとを たのしんでいたし

山を登りながら父が放つ言葉や 感想を 聞き逃したくなかった

山をよく知る父からでてくる 山を愛でる言葉は 

まだ幼いじぶんには どれも興味深く 

何より 父がいいという世界を 知り尽くしたかったんだとおもう



そんな父が

いきなり参道の階段をのぼりはじめたもんだから

とっさに 待って! といいながら 階段をかけあがった

父はまたおもしろがって 

ためらうわたしを わくわくの方へ ひっぱりあげてくれているんだろうな と 思いつつも

無理いって立ち寄った場所で 父が手術した腰を痛めたり

なにかあってはならないという気持ちも起こり いそいで後を追った 

父にしてみれば

おれはまだまだ若いぞ な アピールだったかもしれないけどね 笑



大きな鳥居の手前には なぜかカッパがいた

なぜカッパなんだろうと思いながら

鳥居をくぐると おどろくほどに 空気が一変した



ここが 境なんだね


すっとした清らかな気がながれ 光が あふれていた

それまでは感じなかった 山 そのものを 感じはじめた




階段をのぼりきったところに 幣殿があって立ち寄ると

とびらは錠で閉じられていて 賽銭箱は一面カビで覆われていた

ここも 震災の影響を受けたのだろう

ところどころブルーシートがかけられていたり

立ち入り禁止の縄がかけられているところが見受けられた



呼ばれているのは ここじゃない この先だ と思ったけど

父は早々とお賽銭をいれ お参りをして今きた階段を戻っていってしまった



本殿はどこだろうと 振り返ると

とても小さな道標が さらに上を指していた


みあげた先 山の頂には 光がみちていて

依然呼ばれている気がするものの


そこに行き着くまでの道が けものみちのようになっている

しかも それこそ 今の時期は

まむしがよくでるのだ


割と恐いもの知らずで

こういったときには 普段なにも考えずに行ってしまう質なんだけど

そんなことが頭にうかぶこと事態がめずらしいので

なんだかたちどまって考えてしまった

こういうときは たいがい 試されているんだよね。。

そして じぶんの中に

手放しきれていないなにかがあるってゆー サイン



そんなとこで考えはじめてしまったので

今回はひとまずもときた参道を下りた


駐車場につくと

母が 猫背のお地蔵様に ずっと手を合わせていた


変わったお地蔵さんだよね と母に声をかけると


なんだかとってもやさしい顔をしているんだよねぇ

こうしてると あったかくなるんだよねぇ

と返ってきた



不思議なかんじだった

ここではないどこか へ行ってきたような

でも ここも あそこも ひとつづきなんだよな

と感じさせられる場所



秋も更けた頃に またゆっくりときたいなぁとおもう









 


 





いばらき comments(0) trackbacks(0)
(じぶんにっき)


元旦の昼過ぎ

実家のすぐ近所に 古墳公園という場所があるのを  帰省途中の兄がみつけ

わかんないけど たぶん わたしの好きそうなとこだ 

と たのしそうにいうので

甥っ子をつれて みなで あそびにいくことにした



古墳といえば  年末に

プリミ恥部さんが 大阪の 五色塚古墳に行った という話があって

その場所が 完全に宇宙とつながっていて

UFOの発着基地でもある とかゆーことを つぶやいていたのが

なぜかずーっと頭に残っていたものだから

兄から 古墳 とゆー ワードが出たときは 

ひとり

おおお  と つぶやきながら  プチわくしていた



そう

ここんところ

もう UFOにであいたくて たまらないのだ ☆




それにしても 8歳の頃から住んでるところなのに  

そんなすぐ近くに 古墳があることなんて 全く気付いていなかった



林の間をぬけると  

この公園でもっとも 立派とおもわれる 前方後円墳が あらわれる


五色塚古墳の比ではないけど  やっぱりどこかスペイシーなのだ


林の中をすすむと

今度は様相のちがった 丘のような古墳が 点々と あらわれる




林を抜けた広場には 巨大 埴輪レプリカ

てっぺんまでのぼれるみたいだけど、この日は扉がしまってた



後で知ったけど  茨城には 古墳が結構多い

そのせいなのかはしらないけど

UFOの目撃情報 かなり多いんです、茨城 

特に 水戸、笠間での目撃情報はほんと 昔から多い



そうして それらに影響されたのか

その日見た夢は

笠間山のようにみえる 山のふもとに

UFO発着台付きの 基地があって

そこへ いろんな色した マカロンそっくりなUFOが

ピロンピロンした音をさせて 旋回しながら

次から次へと 吸い込まれてゆくのを 杉林からみている


とゆーもの



夢の中ではリアルに出逢うこともある  らしいので

あの かわいいマカロンUFOは  

きっと リアルなのだ  

とおもってみようとおもう


たのしいし



この日を境に わたしはもーれつに 古墳がみたくなってしまい

ゆうじんにわざわざ車を出してもらい ドライブがてら 古墳巡りツアーにでかけた


きちんと 史跡として 管理されてるところもあれば

自然の中に埋もれて  山なのか 古墳なのか 判別できないところが多々ある



そうして ひととおり まわって

もう長いこと行かずで 気になっていた

神社へたちよる

県指定の天然記念物「酒列磯前神社の樹叢(じゅそう)」
 


わたしの産神のいる大洗磯前神社と ここ酒列磯前神社は 二つで一つの信仰をなしている


大洗磯前神社は東側を向き

酒列磯前神社は西を向いているので

大洗磯前 神社のように海を向いてはおらず 酒列磯前神社は陸向き

そのためなのか  社殿は 大洗磯前神社のような派手さが無く

とても落ち着いている


古く 地味 ではあるけれど  

記憶の中の さびれた感じはまったくなくて

おだやかながら

つよい  エネルギーが感じられた


江戸時代から手厚く保護されてきたという 神社周辺に広がる樹叢や 樹林は  

この地 本来の ふくざつな樹林の姿を 今に残しているそうで

この樹々が出す 気も ぞんぶんに感じられる場所だ


龍がいた

参道を折れた 眼下には  海



罔象女命を祭る 水神社もあるので  ちょっとあいさつして

つぎの目的の古墳を見にいこうとしたら


すぐそばの 空き地みたいなところに 

古墳という文字が掘られた ちいさな石碑が目にとびこんできた


どこにあるねん てまわりをみわたしても

草ぼーぼーの先に もっこりした 林があるだけ


そして その林ぜんぶが  前方後円墳だった



やっぱり 今日は そんな日なのだねえと

つぎつぎと みちびかれるように

古墳を目にしていったんだけど

いちばん気になっていた 星神社古墳 に なかなか行き着かない



見渡す限りの田畑に  

木々の密集した もっこりしたところが ところどころあって

どこも 同じよな風景にみえるし

番地も出てないし

星神社古墳じたいが かなりマイナーではあるんだけども



古墳は林の中にもある という 経験から

その もっこり林を ひとつひとつあたってみると

それぞれ 距離はそう離れてないのに 

どこのもっこり林にも 古い神社が建てられていて


人は昔から 神様と一緒に生きてきたんだなぁということを

あらためて 感じさせられる


おなじところを ぐるぐると走り回って

このままでは日が暮れてしまう とゆーことで


最初に通りすぎたときに

なんとなく道をたずねようと思っていた デイケアサービスのお店にもどり

目的地の場所を聞きにいった


すると そこの従業員の人たちが

みな 恵比寿さまみたいな顔で わたしを迎える

代表者と思われる おばさんがやってきたので事情をはなすと


どうしてそこへ行きたいの? と唐突に聞かれる


行ってはいけないとこなのかしらと 一瞬かえしにとまどいながらも

なんとなく 気になって   

とゆーことを伝えると


あれやこれやといろんなところに電話をしはじめて


あぁ 恐縮だなぁとおもっていたら


次の瞬間には

近いし わたしこーゆーの好きだから 車で誘導するわ

ついておいでっ

と外へとびだして はりきっている


ありがたいなぁと思って ついてゆくと

その場所は もう目と鼻の先だった



車を降りると 

おばさんが  さっきとは一変した口調で話しはじめた



じつはね  わたしも まだわかいころに

なんだか知らないうちに 車にのって 気付いたら この神社にきたことがあってねぇ

まぁ 意味があったんだけれども

だから、 わからないけどここにいきたい、なにか気になるっていう 場所や 人っていうのは 縁があるし

なにか意味があるのよね


と。

そのあとも しばらく話をきくと

どうもそのおばさんには 霊感のようなものが備わっていて

今ある店にも  今回のわたしのように

引き寄せられるように とつぜん人がやってきては 

神社のことを聞いてきたり

不思議体験を話しだしたり とゆーことが

よくあって

そういう人たちとは その後も縁が続いたりするそうで



神仏に興味があるときは  神様も いろいろと メッセージをたずさえて

その人その人のところへやってくるらしい



ひととおり 話終えたおばさんは

行くといいおすすめの 神社やお寺の名前をいくつもあげながら

すぐそばのやぶに垂れ下がっていた  熟れたからすうりをもぎり

その中から 無造作に種をとりだし わたしたちに手渡した


からすうりの種は  大黒さまの 打ち出の小槌によく似ていることから

縁起物とされる




ちなみに 大黒天が大元の大黒様は 大国主と 神仏習合されていて  大国主は 大己貴命の 別名でもある
(じぶんメモ)


おばさんは それからすぐ 

またあいましょうと 言って きえてった



星神社古墳は

星宮神社のなかにあった

神社の社殿は 311の震災でくずれ  いま ようやく立て直しがはじまったようだ



数ある 由緒ある古墳群の中から  

この小さな古墳が  はたまた この場所が

なぜ気になったのか

いまだ わからないけど

なにか 縁があるんだろうねぇ



そして そのすぐむかいの もっこり林の中には

村社の 鹿島神社があると聞き


鹿島神宮にも行きたかったところなので

これは立ち寄っていこうとゆーことに


うすぐらく なんだか さびしい感じの たたずまいだったけど

ひとまず あいさつだけはしていこう という気持ちになった


あまり 人がおとずれている感じが しなかった


拝殿の前で しばらくたたずんでから かるくあいさつをした

ものの10分くらいだったか

ちょうど あいさつを言い終え 車に戻ろうとしたときに

頭上のライトが点灯した


感応式にしては鈍すぎるくらいおそい


でもきっと

人が立ち寄ったことが うれしかったんだね


わたしたちが参道の終わりで振り向いた後も

煌煌と 光ってた


こころなしか

この場の気が かわったような気がしたよ




そんなこんなで

いちにちかけてまわった 古墳ツアー


たのしかったな


海のみえる町を はしり 

山のある町を おとずれ

やわらかにひろがる 田畑をながめ

ひろいひろい パノラマの空をあおぎ


いばらき  いいところだなぁと

あらためてかんじた



急にいいだしたことに

つきあってくれて


いっしょに おもしろがってくれた ぶーちゃんに 感謝



いつもありがとう




ついき じぶんメモ
その日の前日に

たまたまのたまたまで 

家族とおとずれることになった 一乗院 新年初の骨董市

そこにある 日本一のでかさの 毘沙門天(神道でいう大黒天)



そらにね  なんかぽんぽんと 数個 浮いていたのが 

写真にも うつってるんだけどね

なんだかわかりません


めがねかけてなかったもので


UFOでしょうか ☆




これは  真昼の月  ☆

 



















続きを読む >>
いばらき comments(4) trackbacks(0)
初日の出を
見ようと


元旦は まだ星がうつくしく輝いている時分から出かけ

生まれ育った町でもある

大洗へと向かった




あけがた



あいにくの くもり空だったけど

まるで この世の空とはおもえない 

あやしくも うつくしい 空もように  しばらく

みとれた  




日が昇りはじめたころ


日の出の光を 浴びることはできなかったけれど

このときにしか みることのできない 空を みることができて

まさに この いまの 波と 風を 感じることができて

わたしはうれしかった



それから 海を見下ろす高台にある なじみの神社へ お参りし

また浜辺へもどってくると

雲の切れ間から

光が 降りてきていた




神さまは 確かに この岩場に 降り立ったんだとおもう

そしていまも





数年前に 親友とともに

大洗の浜辺で 日の出をみたことがある


それはそれは  うつくしくて

凍える寒さも わすれるほどに 

あふれる光に とけあった





そのときの 写真です http://emcopain.jugem.jp/?eid=223


























いばらき comments(3) trackbacks(0)
ひかりの 生まれる 朝
元旦 日の出時刻予定 6:51 


ファミレスに入って5時間が経過

朝の6時を回ったというのに

外は まだ 真っ暗だ。

満月も 星たちも てらてらと輝いてる。

一瞬 朝なのか 夜なのか わからなくなる。


重くたれさがるまぶたを なんとかひっぱりあげ

日の出に間に合うように 少し早めに ファミレスを出て

海岸線をひた走る。


しばらくして ナイス 初日の出観賞スポットを発見。

浜辺まで降りることにする。

そこはちょうど 幼少期に住んでいた高台の団地から 見下ろしたところにある

夏海海岸だった。 


まだ4つか5つの頃、
東京の祖父が初日の出を見たいとやってきたので
夏海海岸の宿をとり 家族5人で 太平洋一面を見渡せる部屋に泊まった。

小さなじぶんは 初日の出というものに 興味があるわけもなく
皆が 元旦の朝を迎えることを楽しみにしていることさえ知らなかった。

そして明け方
わたしは 大洗の市場で
顔見知りの魚売りのおじさんの手伝いをする夢を見ていた。

低く太い 倍音がかった よく響く声で
へ〜い いらっしゃいらっしゃい と 客を呼び込むおじさんの真似をして

いらっしゃーい と 威勢良く声をあげる。
それは 夢ではなく実際に じぶんの口から出たもので
その声に わたし自身がびっくりして 飛び起きてしまった。

目を開けると オレンジ色のまぶしい光がとびこんできて 
家族が 笑う声がする。

頭が覚醒するまで 何が起こっているのかわからないでいると
両親の声で

おおきな太陽でしょ。今みんなで 初日の出を見ていたんだよ。
と教えられる。

目をこらしてみると
宿の大きな窓から見える 水平線から
それはそれは大きな オレンジ色の太陽が顔を出しているところだった。

幼いじぶんには
それはいまだかつてないほどに 壮大で うつくしい できごとで
小さな心と頭では 消化しきれないほどに感動していたことを
感覚的におぼえてる。
家族みんなの笑顔が太陽の光でオレンジ色になっていたことも
鮮明に 頭の中に残ってる。

それ以降 初日の出を観る機会はあったけど 全く印象がなく
初日の出と言ったら、必ず このオレンジ色の想い出が浮かび上がる。

幼少期に見たあの光景は この先もずっと 忘れないと思う。


夏海海岸に車を止め 浜辺まで歩いてみる。

うちよせる波の音  それだけが  聞こえる 世界。  

頭上には  わたしたちを包み込むように 360度展開する 広漠たる空

目の前には  どこまでも 深遠で 茫々たる海


悠遠なる太古の世から この先の未来まで

地球の営みは 悠久のものであることを 信じさせてくれるかのような 

圧倒的な 宇宙の中に降り立つと

ちっぽけな じぶんなぞ 放り投げてしまいたくなる。


ゆだねてしまえ。

溶け込んでしまえ。


時折 思い出したように やってくる眠気とともに

そんな声が 聞こえてきそうだ。


しばらくすると 空の碧が薄まりだし 星たちが消え始める。 

満月はすでに 高台のむこう側へ 落ちていった。

ひとびとは ソノ瞬間 を見逃すまいと スタンバる。

それにしても 寒さが半端ない。

相当に着込んでダウンをはおって ブランケットで体を包み込んでも

外気は じわりじわりと 体温を奪っていき 指の感覚もなくなっていく。

でも 不思議に 辛くない。


そして いよいよ 水平線が 赤く染まり始めた。
続きを読む >>
いばらき comments(0) trackbacks(0)
大晦日
思い立って

地元の友人 ぶーちゃんと

生まれ故郷 大洗へ

カウントダウン 初詣

あーんど

初日出 みちゃおうぜ 企画

ということで

行ってきました。


夜11時に 車でピックアップしてもらい

そのまま 大洗の 磯前神社へ向かう。

日出まで 体力を温存したい われら

できるだけ ローテンションで

のんびり ナイトドライブ。


元旦は 氷点下5〜6度まで下がると 予報がでていただけあって

外界はすでに 凍てつく寒さ。

速攻 お参りして ファミレスにでも 駆け込もうよ なんて 話していたら

すでに ながーい ぎょうれつが。

参拝所まで

やく 600メートル。

ほげーっ となる ふたり。


並んでいるのは ほとんど 10代20代であろう 若人たち。

そして ひじょーに 元気。

対極に 寒さと眠気で

心身の機能をシャットダウンするかのごとく 

次第に無言になる ふたり。 
 

うちら 

ちょっと がんばっちゃったね と

静かに なぐさめあってみたりする。。。


でも みあげれば
満月。

月灯りに 照らされて

目の前に拡がる海面が 静かに揺れるたび

ビロードのような なめらかな 光を 放つのを、 

太平洋を眼下に見下ろす松林が

怪しくも神秘的な 青い光に包まれている様を

眺めながら、

そのうつくしさに 

感動する 



あまりに寒すぎて

じっくりと その余韻にひたる余裕もなく。。。


ようやく長い階段を登りきると

あたたかい灯りが そこかしこに あふれ

こわばった体がゆるむ。


こういう時に飲む 甘酒は 格別だ。


ふたり仲良く 小吉。

そういえば

ぶーちゃんと一緒におみくじを引いたのは 今回が2度目だけど

初めて 浅草寺で 一緒に引いた時も

ふたりそろって 凶だった。   なかよし運命共同体。


達観なさい。

さすれば 願望は叶う。 


と でましたー。

言うは易し ですが

のーてんきな じぶんには

ちょーどよい あどばいす な気がします。


そして 身悶えするほどの寒さから 逃げるように

ファミレスへ !

ここから

夜明けまでの

長い長いカウントダウンが 始まるのだった。。。


いばらき comments(0) trackbacks(0)
ここ最近

冬の日差しとは とても思えないほど

日の光が 強い。

日に日に まぶしくなってきてる気が する。





太陽からうける ぬくもりは

なにものにも代えがたい。

この寒い冬空の下 ほんとーに ありがたいと 

しみじみ おもう。。


大晦日

水戸の朝 氷点下。  午後 初雪観測。 
いばらき comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |
Save the 下北沢