〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
FREE SPIRIT
おおはた雄一  "Music From The Magic Shop" ツアー へ行ってきた。

今回のツアーは

ROVO でも知られている 芳垣安洋さんのドラムと、

おおはたさんのギター というシンプルな組み合わせで、

そこに ペダルスティールの 高田漣くんが加わる 

という 豪華な顔合わせだった。

会場に入って ステージを見ると、

ドラムセットが 横 を向いて設置されていて、

ギターボーカルのおおはたさんと 

ほぼ向き合って 演奏するような形になっている。

実際に演奏が始まると、

ギターとドラムの掛け合いが とにかくおもしろくって、

見ているこちら側が 

一気に引き付けられる。

演奏は ところどころ 即興で盛り上がった。


途中から ペダルスティールで 連くん が登場し、

三者の音が 渦となって 観衆を飲み込んだ。

めくるめく 音の波の中に 

意識が 吸い込まれていきそうだった。



音楽のもつ チカラ って

ほんっとに すごい。

マジックです。



普段は アコギを使った アコースティックなライブが ほとんどだったけど、

今回は ドラムとの兼ね合いか、

エレキをよく使っていて、

これがまた かっこよかったす。

以前、パルコ劇場で、

おおはたさんの アコギの完全弾き語りライブ を観た時もそうだったんだけど

( それはそれはすばらしかったよ )、

今回のライブでも また

今は亡き   ジェフ・バックリー  のライブを 思い出した。


曲調は全然違うけど、

演奏スタイルが とても自由で、

音 そのもの になって演奏しているというか、

ギターをもてば、ギターと完全に 一体 になってしまっている というか。

音を紡ぐ毎に、

彼らは その 音のもつ 高みにいざなわれ、

かんぜんに 解放されきったじょーたいで、

そこで 何か を拾って 

舞い降りてくる  といったかんじ。。

ん。。これじゃ ちょっと 抽象的だね。。。

ひとこと でいうと、 


FREE SPIRIT    だなー。  


そういう人たちの あふれだすエネルギーを受けると

じぶんも 高揚するし、

創作意欲が とたん 湧いてきたりする。


3時間近いステージだったけど、

えんえんと 音の渦の中に 浸っていたいと思わせる

それほどにすばらしいライブだった。

もっと もっと 聴いていたかったなぁ。

久々の ボブ・ディランのカバーにも うれしくて心が震えた夜。

じわーんと こころに しみいったのが

クラムボンの 原田郁子さんとの共作という

波間にて

すてきがいっぱいの やさしくて ふかい 曲だった。


ライブって さいこーだ。


しっかり エナジーチャージできて、

心も 身体も じんわりとほぐされる そんな一夜だった。


さあ  また

あしたから がんばろう  と 

そのまえに、

久々の ストーリーズへ。


だって 

まっすぐ帰ったら

なんだか もったいないくらい

きもちのよい 夜だったから。




Save the 下北沢
music comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








小織さん、こんにちわ☆

わたしもおおはたさんすきなんですー!
この日のライブ、行きたかったのですがゆけなくて・・
感想を拝見してゆけばよかったーとはげしく思いました。

小織さんの日記はほっこりしていてとてもいやされます。
小織さんははちみつとクローバーのはぐちゃんに似ている気がしますー。

PCひらくたび更新たのしみにしてます。
のんびり無理せず制作がんばってくださいね〜♪
from. tamae | 2008/12/14 13:50 |
たまえちゃん

あそびにきてくれて

ありがとう ☆

たまちゃん、おおはたさんのファンだったんだね ♪

才能ゆたかな すばらしいミュージシャンだよね。

いつか一緒にライブ行かれたら たのしいね ☆

最近 あたたかくなったり 急激に冷え込んだりと

気温差がはげしいので

体調くずさないようにね ☆

またゆっくり会える日を

たのしみにしています ♪

来年こそは

ハーブ教室行きたいなー ☆





from. emcopain | 2008/12/14 21:34 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/14
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢