〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
帰省
13日から約2週間 水戸へ帰り

ひさびさに のんびりとした 夏休みをすごしてきた。

まずは 着いて早々 迎え盆ということで

それはそれは のどかな

今な亡き 祖父母の家へ。

誰も住んでいないけど お盆だけは 親戚が集まる。

まるで 森です(笑)


さすがに 庭は草もぼーぼーで 

ほとんど ジャングル化している



子供の頃は この広い庭で 夢中になって よく遊んだもので

木や 草 土 そんなものが 遊び道具になり

自然は いろんな想像力を かきたてた

ここにくると いくつになっても あのころに 戻れるような気がしてしまう。




五重の塔?

稲穂の緑が目にまぶしい

誰も使ってないなら 何かに利用したいなぁ なんて 思考をめぐらせつつ

昔から よく スズメバチが巣を作るんだった  と 

ちょいと気持ち尻込みしたり



わたしにとって ずっと ずっと 特別な場所

なにかに 見守られてる

いつも そんな風に感じる ふしぎなところ





日々のこと comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/142
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢