〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
夜空に どっと 花開く
いつもなら 終わってしまっている水戸の花火大会だが

今回は 雨で順延となり

たまたま お盆に開催されることに。

夏休みのスタートを飾るにはもってこい。

ここ何年も 生の花火を見られていないので

これは行くっきゃないだろと

地元の友達を誘って 見に行った。

花火が打ち上げられる 千波湖畔一帯は

相当の人出が予想されるので 

車は渋滞するし

少々遠目でも 人で混雑していないところで観よう と話していたのだけど

そんな場所探しをしているうちに 

どうせなら 間近で観てやろうじゃないかと

途中 運良く空いていたコインパークに車を入れて 

歩いて 会場へ向かった

しばらく歩いて 千波湖が見えると ドーンッ と

心臓をも貫くような 巨大な音とともに 

夜空に花が咲いた

下を走るは常磐線


こんな間近で花火を見るのは 小学生の時以来

やっぱりいいものだな〜

心躍るし、観ていて まず 飽きない。

この わくわく感は 生でしか 味わえないなぁ。

しばし興奮状態で 最後まで 楽しませていただいた ☆











これぞ 夏 というものよのぅ。 
日々のこと comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/143
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢