〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
鹿沼 アンリロ
JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


実家に帰った時は 大概 友人と 笠間や益子と 主に西へ遊びに行くのだけど

今回は さらに足を伸ばして 鹿沼へ。


目的は 

ずーっと行きたかった アンリロ
 


なんだかなつかしくなるよな路地裏に ひっそりと佇むアンリロ。

中は決して広くはないけれど

古民家を自分たちで改装したという 手づくりのあたたかさが 灯る

とてもくつろげる空間になっていて

外観も 内装も かなり 好みのカフェだった。






なによりも 

ここのランチは 格別。

採れたての野菜を 一番おいしく召し上がっていただける料理 という モットーを

掲げているだけあって  

その美味しさとやら 半端ないのです。

ボリュームもあって しかも 安い。

ランチにつくデザートは ビーガン仕様で 動物性のもの、砂糖を使用していないのに

しっとりして 本当に美味しい(感涙)。

もっと自分に語彙があれば この美味しさを もっとつぶさにお伝えできるだろうに。

でもね んっとに美味しいと

おいしい しか 出ないものなのです。。


自分が もし カフェを開くとしたら 

こんなお店がいいなあって 心から思ってしまうような

申し分ないカフェでした。

近くにあったら

毎週末にでも来てしまうだろうな。


朝早くに起きて はるばる来た甲斐があったというものだねぇ。

この奥 突き当たりを曲がったところです。

ご近所さんには こんなところが
根古屋珈琲研究所


この界隈は根古屋路地とよばれていて

昔、この一帯は鹿沼城下で根古屋と呼ばれており、

城に仕える屋敷が建ち並んでいたのだそうな。

現在では、のんびり野良猫が昼寝する姿から

「ネコヤド路地」として親しまれているのだとか。

次回は 月1で開催される ネコヤド大市 に合わせて

遊びにこよう ♪


して このあとは 茨城は結城にある 某人気カフェへと向かうのであった。 

次回へつづく。
cafe comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/145
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢