〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
パワースポット
子供の頃から

初詣と言ったら 家族みんなで 日光東照宮へ行っていた。


いろんな事情で 

ここ4、5年 行かなくなったけれど

ふいに 母が みなで行こうと言い出し 

ドライブがてら 行くことに。

水戸から日光までは、車で3〜4時間かかるのがあたり前だったけれど

最近は高速道路がつながり 1時間で到着してしまう。

すごいなぁと思いつつも

道中 山々が切り開かれた上で この道があるのだと思うと 少々せつなかった。

ひさびさの東照宮は 平成の大修理ということで あちらこちらで修復工事が始まっていて

これが 今後15年ほど続くのだとか。


ちょーど この 鳥居を見上げる位置が 強力なパワースポットとして有名なところなのだけど、
さすがに 人が溜まる 溜まる


日光東照宮は、陰陽道に強い影響を受け、本殿前に設けられた陽明門と、
その前の この大きな鳥居を中心に結んだ上空に、北極星が来るように造られているという。
家康は、江戸の北にあり、東国随一の霊場であった日光山に、
自分を神として祀る事で、北極星の様に日本を守り続けることを願ったという。
この地から南西の方角には、最初に家康の遺体を祀った静岡県久能山東照宮があるのだけど、久能山と日光の東照宮を結ぶ線には富士山が重なるのだとか。
そして 
さらに主要な建物を線で結ぶと、北斗七星になるそうで、
これは 北極星になった家康にちなんで、天海が設計したものと言われている。

あちこち 剥げてきてる

唐門 こちらも修復中。   ヨーダみたいのが いっぱいいる



雀がいようと

猫も寝るほどの平和






個人的には これらの建造物よりも

周囲を取り囲む 杉の大群に目が行ってしまう




そして これらの大木に 寄生する 苔類に 目が行ってしまう



ちなみに こけ 作りました → まりちゃんブログ参照



ひととおり 散策をして

那須経由で 帰路へ。

いっきに 木々の種類が変わる。




那須と言えば おなじみの shozo です。

日々のこと comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/147
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢