〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
この風に
昨日は 

旗の台にあるきーちゃんのお家 きーしゃ にて開かれた 

きーしゃお披露目お茶会 にて 旅人 清火くんの ライブを 見に行って来た。


きーしゃは 築50年になる 古民家で 

やさしい温もりを感じさせる お家です。

きーしゃでは 心と体に効く ワークショップを開催していて

とくに きーちゃんの開発した オリジナルメニュー

床ストレッチ 床バレエは かなり好評のようす


そんな きーしゃで

久々に聴いた 清火くんの歌は どこまでも 純粋で 質朴で

やさしかった

いつか であった ような

どこか なつかしい 風景が ふっと 目の前に ひろがるようだった。


歌は まるで 

伝わること を 知っているようだった。


東京にやってきてから ライブひっぱりだこの 清火くん

この うたうたいの旅人から 放たれた言葉や 想いが 

音風になって

みんなの心の中を かけぬける時

どんな風景が ひろがるのかなぁ



今後の清火情報は コチラ ♪



清火くんは 風の旅人です

いつも同じところを吹いていません

いつ 風向きが変わるかしれません

だから 今 この東京で吹いている間に

この風に吹かれてみよう〜


きーしゃ近くの路地

music comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/180
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢