〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
医食同源 〜はるかインドの母の愛
ともだち宅で

インドで伝授されたという

体にやさしい&おいしいカレー教室を開くよ と聞いて

その秘伝を教わりに行ってきました。


動物性のものは いっさい使用せず、 小麦粉も使わない

野菜のみで 仕上げた インド 豆カレーです。

食べても 胃がもたれず 

毎日でも食べたいカレーだよ と 聞いていたので

胃があまり強くない自分は これは是非習いたいと 朝早くからでかけてきました。
 
材料を ひとつ ひとつ じっくりと 丁寧にいためて


煮詰めていくと、こんな 優しい色に。

本格的!

インドでは たくさんのスパイスを料理に取り入れていますが、

これはインドに5千年も前から伝わる「アーユルヴェーダ」の医学に基づいたもので、

崩れかけた体のバランスを早いうちに取り戻すために、

スパイスなどの自然の薬草を使って治療するそうです。

同じ料理でも、その日の天候、食べる時間帯、家族の体調、またその時の献立によって他の

料理とのバランスなどによって、使うスパイスをちょっと変えたり分量を調節したりと、

これは医食同源などの中国の漢方医学や、西洋のハーブとも共通します。

そんな先人の知恵には頭が下がりますが、

今回 教えてもらったレシピは まさに医食同源カレー。

そして とっても美味しい ! 

バターも お肉も、 動物性のものは使用していないのに

コクもあって まろやか。

これは たくさんの人に 食べてもらいたいなぁと 本気で 思いました。

ちょっと考えていきたいと おもいます。


食べる人の体をおもえる やさしい料理は 人を 心のみならず体までも 幸せにします。

ここには 愛があるからだね。


このカレーも 元は 母が 愛する家族を想って 見いだしたレシピであるはず。

そんなインドの 母たちの愛 が

遠く 日本の わたしたちにまで 伝わるって なんだか すてきだなぁと思いながら

美味しい時間をすごしました。

もちろん 食後は
ともだち 特製の chaiで ♪

あったかい時間を ありがとう ☆


ウタリ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/183
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢