〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ぶーちゃん滞在 二日目
 
うちからも歩いてそう遠くない 太子堂のklalaという、

主に北欧雑貨を扱っているお店で 開催される 

月一の市 サンデーマーケットに

益子の人気店 パンドムシャムシャのオーナーでもあるTちゃんが

パンを出品しにくると聞き、 会いに行ってきた。

かなり久々に会うTちゃん 突然ぶーちゃんと押しかけて行ったもんだから 

驚いてきょとんとしていたけれど とても元気そう。 会えて嬉しかった。

ほんとうによく頑張っていて、素敵だなあと思う。

オープンから30分たったころに伺ったもんだから、

パンはほとんど残っていなかった。

かろうじて残っていたレーズンとくるみのパンを 午後のおやつ用に購入して 別れた。

パンドムシャムシャのパンは ほんとうに美味しいので(食べると幸せになります。。)

益子に行かれる方は ぜひ お立ち寄りください。 

旦那さんが担当するカフェが併設されていて パンのお食事もできます。


そして 日比谷へ。

ぶーちゃんが上京したそもそものメインイベントは

この日 野音で開催される

ウォッチングザスカイという音楽フェス。
 
野外イベントだけに天候が気になっていたけど 

なんとか雨は落ちないでくれている。 そんな空模様。

念のため レインポンチョを持参してゆく。

取ってもらった席が ステージ真ん前の4列目ということで 

眼鏡かけなくてもなんとか見える距離だった。

これはラッキー。


今回のラインナップは 

ジョー・ヘンリー
ジェシー・ハリス
おおはた雄一
アン・サリー 
エミ・マイヤー 
ハンバートハンバート

と 超豪華な上に 皆好きなアーティストばかりだったので かなり楽しみにしていた。

中でも ジョー・ヘンリーは初来日ということもあり、今回のフェスでは一番楽しみにしていた。

この日は 冷え込みが強く、とりあえず二人して、カイロを体中に貼り巡らしてきたけれど

時間を追うごとに 冷え込みはさらに強まり、最後はもう限界、というところまで体が凍り付いてくる。

昨年の同じフェスは、上野の水上音楽堂で開催されたのだけど、

割とあたたかい日だったなーと記憶している。

それでも 音楽があるというだけで 寒くても がまんできてしまうものだよね。


エミ・マイヤーのスモーキーヴォイスは生で聴いてもすばらしく、

アン・サリーはジョニ・ミッチェルの曲も割とオリジナルに忠実にカバーされてて、
ほんとうに歌が上手い人だなあと、しみじみ聴き入ってしまう。

おおはた雄一は司会役も兼ねて忙しそうだった。
そのせいなのか、演奏が心なしか短く感じられたけど、
いつもと変わらず やはり素敵な演奏だった。 

そしてハンバートハンバート。
良成くんの一声で、一気に会場が沸き、観客がステージ前まで押し寄せてくる。
若い世代かと思いきや、年配の方も交じって体を揺らしている。
相当な盛り上がりだった。

ここからは来日部隊。

先ずはジェシー・ハリス
この人が出てくると、
自然とNYの風景が目の前に浮かんでくる。

昨年は2度、彼のライヴを観ている。
新曲が1曲ほどで、
内容は昨年とあまり変わらなかったかな。。
それでもいい。
演奏にも品があって、聴いていて気持ちがいい。
音に無駄がないというのか、
無駄に音数を増やしたりしないというのか
シンプルだけど、楽曲が秀逸なので
パーカッションとの2ピースでの静かな弾き語りが
楽曲の良さをさらに引き立たせるようだ。

今回も、ゴミバケツのような(たぶん、そうだと思うんだけど。。)ものに座って、
それを叩くスタイルのパーカッションがサポートに入った。
この演奏と音がとにかくお気に入りで、ずっとその演奏に見入っていた。
できればこのパーカッションセットが まんま欲しい。
到底使いこなせるとは思えないけど、眺めているだけでも なんか楽しい。
ビル・ドブロ、すばらしい。

そして明後日は、横浜サムズアップにて
おおはたさんとジェシーのライヴにも行ってまいる。
これも楽しみ!

個人的には やはりジョーヘンリーが断トツですばらしかった。 寒さで手がかじかむと言いながらも
圧倒的なパフォーマンスで魅せ、会場を沸かした。 

彼を観られたことが、今回は何よりも嬉しかったなー。 かっこよかった!

想像していた人物像とは違い、とてもオープンで自由な感性をもったアーティストだなあという印象を持った。

今回ウッドベースとキーボードのトリオ編成で来日。 サポートの二人も実によかった。

このキーボード奏者は ディランとも何度も共演していて、 最近では、黒人歴史月間を記念してオバマ大統領夫妻が主催した、Music fromtheCivilRightsMovement、と題された、ホワイトハウスでのコンサートにて、ディランのサポートで演奏していた。

明後日以降、しばらくはライブには行かれそうにないけれど
存分にチャージできたので、
もらったエネルギーをちがうところで還元したいと思う。

本当に良い音楽の揃った、すてきフェスだった。
寒かったけどねー。

第三回も続くのかな。。?


music comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/254
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢