〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
オープンより一週間
ウタリがオープンしてから初めてのお休み。

日曜しか自由にでかけられないので

今日もがむばって早起きして ずっと気になっていた

森崎書店の日々』を観にいって行ってきました。

神保町が舞台のこの映画、

なんと、ウタリが入っているAMULETも ロケで使われているんです。

ストーリーもさることながら かメラワークの美しい映像にも魅入ってしまいます。

ほっこりやさしい余韻の残る 素敵な映画で 早起きした甲斐がありました。

最近、『神保町の女子化』というニュースが流れていましたが

それも、この映画の影響が強いのではないかと思います。

まだ観てない方

本が好きな方

ぜひ おすすめです。

まもなく上映終了なので 興味ある方お早めに ♪


そして

ウタリがオープンして1週間

店内の改装もほぼ済んで おもしろい古書が ずらーっと並んでいます

いよいよ 古書カフェとしてスタートです。




洋書の絵本がどれもツボ

本棚の前にたっているだけで わくわくします

サブカルネタだってあるよ


駅から徒歩一分という好条件もあってか

一日一日 カフェとしての認知も増しているようで

この一週間で たくさんのお客さまがいらしてくださいました。

すでに常連となられてるお客さまもいらして

ほんとうにうれしいです。


オフィス街ではあっても 道を一本中に入っているので

しずかで まったりとした空間になっています。

ぜひ のんびりしに いらしてくださいね☆


オープン前から ほとんど毎日

帰りは夜中の12時を回り、

お風呂入って

十分な睡眠をとれぬまま 朝がきて 出勤。

覚悟はしていたけれど 体力的にはかなりハードで

連勤が続いた先日夜などは

白目向いたまま 鍋をかき回していました (爆)。

よく体が動いてるなあと自分でも思うけど

どんなに疲れてても 朝がくると

今日も一日たのしもう と思える。

AMULETの雰囲気も

スタッフさんも

そこへおとずれる人たちも また おもしろくて すてき。

とにかく毎朝 仕事へ向かうのがたのしみなのだ。


それにしても 

厨房は

毎日が コントです。


あわあわしながらも 

大笑いがたえません。


ランチのピーク後は

嵐が通り過ぎた後のように

荒れまくりです。

見せられません。 いや 見せたくない。

丸見えですけど。



そして 忘れてはなりません。

友人 知人 家族の応援があったからこそ

いま 自分たちが こーして楽しんでいられているとゆーことを。


オープン前の 仕込み準備の時から

貴重な休みを返上して

手伝いにかけつけてくれたり

カフェのメニューで使えるようにと

家の畑でとれた美味しい野菜を大量に届けてくれたり

カフェ初日から盛り上げに 食べにきてくれたり

宣伝をしてくれたり

たくさんのみんなのおかげで

夢が叶いました。

ほんとうにありがとう。


夢が一時で終わらないよう がんばろう。


みんなからうけとった

このありがたいものを

カフェウタリで 還元しよう。


多謝 ☆

ありがとう

ありがとう

ありがとう



ウタリ comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








オープンおめでとうございます!!
毎日、健康でがんばっていけますように。
from. 石川英司 | 2010/12/12 22:27 |
ありがとうございます!

体が資本ですからねー、体調管理は気をつけていきたいです。

毎日ウタリのカレーを食べてるので だいじょうぶかなあ 笑。
from. emcopain | 2010/12/13 23:05 |
貴重な日曜日に観に行ってくれたんですね。連れ合いも喜んでいます。
ブログにも載せていただき、ありがとうございます。
ウタリのカレー、早く食べたいです。
お体に気をつけて、お仕事頑張ってください。
from. 康子 | 2010/12/21 10:15 |
康子さん

コメントありがとうございます!

映画、ほんとに良かったんですよー。
観れてうれしかったです。
しばらく余韻に浸っていました。

お店にも、主人公のような出で立ちの女性の方が多く見えるんですよ。
影響大きいと思います。
映画に出てきたたいやき屋が近所にあるんですが、
これがまた美味しくて、おすすめです(笑)!

ウタリカレーもぜひ食べにいらしてください。
お会いできるのを楽しみにしています。
from. emcopain | 2010/12/22 00:26 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/328
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢