〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
西へ進め
記事のタイトルは

年始にひいたおみくじに書いてあったことです。

それはおいといて。。


現在お世話になっているネットマーケットcreemaの主催イベントの審査に通過し、
昨年末、ドイツはデュッセルドルフのカフェ展示に参加しました。

ちょうどその頃、ヨーロッパには大寒波が訪れ、歴史的大雪にみまわれたそうで、
展示作品が会場に届かず、会期が大幅に延期されるなどのハプニングがあったようですが
イベントは大成功だったようです。
関係者のみなさま
ほんとうにおつかれさまでした。

そして
最終審査で
光栄にも
賞をいただきました。
http://www.asahi.com/business/pressrelease/ATP201101270005.html

(イベントの様子がこちらで見られます http://www.flickr.com/photos/creema/

グランプリって響きにちょっと気後れしたけれど
ながーくつづけてきたことが評価されることは すなおにうれしい

でもね
ここまで長く続けてこれたのは
EMCの作品を愛してくれるみなさんや、友人、そして家族の応援、励ましがあったから。
わたし一人でとれた賞ではないのです。
これはそんなみんなの賞なんです。

ブログ上ではありますが
みなさんと喜びを分かち合いたいと思います。

そして いつも 応援くださって
ほんとうにありがとうございます。

やりたいことが いろいろと出てきてしまって
頭ん中が大変なことにはなっているのですが
カフェの方も、ようやく体が慣れて
気持ちの余裕もでてきたので
そろそろまた
すこしずつ、コネコネをはじめたいとおもいます。


ところで 
ドイツといえば

ドイツには とっても会いたい人たちがいる。

学生の頃、冬期の休みにアメリカを一周した後、ニューヨークに数カ月ほど滞在した折に
お世話になったドミトリーで出逢った人たちだ。
ドミトリーのオーナーがドイツ人女性だったこともあり、
利用者やスタッフのほとんどがドイツをはじめとしたヨーロッパ各地からやってきていた。

イーストヴィレッジにあった小さなドミトリーは男女共用で、
わたしの滞在部屋は男の子ばかりだったのだけど、
同じ年の頃ということもあって(うち一人は生年月日が全く一緒!)
まるで兄弟のように、すぐに打ち解けて仲良くなり(時には兄弟ゲンカのような場面も)
言いたいことを素直に言い合い
それぞれが帰国後も、連絡をとりながら
NYで再会を重ねてきた。

思えば、ドイツ人と日本人は 似ているところがとても多くて
ほんとうに深いところまで、違和感なく、いろんな話をすることができたなあと思う。

ここ何年か、
わたしの筆無精のせいで連絡を途絶えさせてしまったけれど
ことあるごとに
彼等のことはよく思い出す。

今回ドイツでの展示に応募したのも
なんとなく、
彼等に近付ける気がしたからかもしれない。

そんなに遠くないいつか
また彼等に会いたいなあと思う。

うん きっと会うんだろうなあと、感じるのだ。

まずは分身たちが先かなあ。。

@saori yasunaka

@saori yasunaka
exhibition comments(12) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








おめでとう!!すごいね!!
朝から良いニュース。ありがとう!
from. こーた | 2011/01/29 07:56 |
さおりさん
おめでとうございます!!!
すごいです!
わたしも自分のことのようにうれしい!!!
やっぱり人の心を打つものには国境はないですね。
これからますますお忙しいと思いますが、
制作がんばってくださいね。
いつも応援しています!
早くきのこちゃんたちにも会いたいです♪
from. yuki | 2011/01/29 09:59 |
おめでとうございます!

アースデイではお世話になりました!
海外でも絶対いけるよなーと仲間内で話していたんで、思わずおおーっとなりました。自分らもがんばろうって思います!
うれしい報告をありがとう!
from. かいじ | 2011/01/29 13:12 |
ニンニキニキニキ、ニンニキニキニキ、ニニンガ・・・
GO Westっつーとこういうフレーズが真っ先に思い出される私はおっさん(苦笑)
地球を西へ西へと進んでいくと、ぐるっと回って結局元の場所に
戻ってきちゃったりしますが、その行程にこそ宝があるのかな〜?
なんてことを、先日、東へ東へ進んでいって遂にぐるっと一周回っちゃった寛平師匠を見てて感じました。

そして、おめでとうございます!!
なにより一般の方々の投票によってグランプリってのがうれしいですね。

from. ごと〜 | 2011/01/29 13:43 |
おめでとうございます!!
これを糧にまたがんばれますね。
これからも陰ながら応援しています。
from. 石川英司 | 2011/01/29 17:46 |
こーたくん merci! 

ウタリも仏語をぶつぶつと唱えはじめたよ 笑。

共に西へ参ろう!
from. emcopain | 2011/01/30 01:00 |
yukiさん

ありがとうございます。
もちろんyukiさんの賞でもあるのですよー。
いつも応援ありがとうございます☆

きのこ、お待たせしてしまって、ほんと申し訳ない。
もすこしだけ、お待ち下さいね m(_ _)m
from. emcxopain | 2011/01/30 01:15 |
かいじくん

ありがとーー!

わたしもいい機会をいただいたと思って
これからがんばるよー。
おたがい、うれしい波紋をひろげていこうね!

from. emcopain | 2011/01/30 01:22 |
ごとーさん

ありがとうございます!
ドイツの人々が作品を楽しんでくれたのは、とてもうれしいですね。

寛平ちゃんも、一生もんの宝を持ち帰ってきたんだろなー。
from. emcopain | 2011/01/30 01:49 |
石川さん

いつも応援ありがとうございます!!!

がんばります☆
from. emcopain | 2011/01/30 01:56 |
うわ〜、すごい、すごい!
本当に、おめでとうございます。

新しい「こねこね」楽しみにしてます。
from. あらいふみひこ | 2011/01/31 00:37 |
あらいさん

ありがとうございます

コネコネたのしもうと思います
きっとたのしいだけじゃないけれど 笑

あらいさんの
更なるご活躍も
たのしみにしていますよー!
from. emcopain | 2011/02/01 10:45 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/338
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢