〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ダーガーの小宇宙

HENRY DARGER 展 へ いってきた




前回 前々回の回顧展にくらべて 

今回は 残酷なまでに リアルに迫る描写の作品も多く 

病み上がりには ずしっときた


それでも 

愛さずには いられない 

ダーガーの 純粋無垢な 魂 が 投影された小宇宙は 

どこまでも いとおしく

うつくしすぎる



そこは


はてしなく つづく 

大海原で


息をすることも わすれてしまうほどに

深い 深い 森であった


ときおり 

きこえだす

やわらかな 吐息と

鳥たちのさえずり

こどもたちの 鈴のような笑い声


こころを 溶かす

いろ

いろ



で 染められた 王国が

ずっと

彼を

守ってきたように


彼は その王国に

愛を そそいできたんだと 思った




だれもが その心に

持ってる


しらずに 頭に描いているとおもう のです

非現実の 王国を


だれしもの それぞれの 王国



今回

この王国に 足を踏み入れた人は みな


ダーガーの王国に

じぶんの王国の いちぶを

重ねていたかもしれない



だれかの まもってきた 人生 を

のぞきこんだのだから

そこに みえた きもちにも

せきにんを もって



ありがとう ダーガー















宇宙 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








HMJグランプリおめでとうございました。
ベルリンでの展示の様子をクリーマのFLickrで見ました。
素晴らしい作品ばかりで、直に拝見出来ないのが残念でなりません。
恐竜や羊と女の子が抱擁している作品や、優しい愛が溢れた
作品ばかりで、感動しました。ブログも読ませて頂いて、
4.26の「かんしゃの日々」は、涙が溢れそうになりました。
3.11以来、生きる事、生かされている意味を毎日問う日々です。

ベルリンに出品なさった作品を、是非クリーマに
出品して頂けませんか?。 購入させて頂きたいと楽しみに
しています。  これからも、ひだまりのような暖かい素敵な
作品を見せて下さい。
from. koyuki | 2011/05/28 14:28 |
koyuki さん

はじめまして。 

さくひんのコメントをありがとうございます。

気に入っていただけて とてもうれしくおもいます。


ドイツ出展のさくひんの多くは 販売目的で作ったものではないので

クリーマさんに出品することは おそらくないかと思います。

ごめんなさい。


またあらたに 展示 販売の機会がありますときには

こちらでお知らせいたしますね。


よろしくおねがいいたします☆


from. emcopain | 2011/06/02 00:33 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/354
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢