〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
(じぶんにっき)


元旦の昼過ぎ

実家のすぐ近所に 古墳公園という場所があるのを  帰省途中の兄がみつけ

わかんないけど たぶん わたしの好きそうなとこだ 

と たのしそうにいうので

甥っ子をつれて みなで あそびにいくことにした



古墳といえば  年末に

プリミ恥部さんが 大阪の 五色塚古墳に行った という話があって

その場所が 完全に宇宙とつながっていて

UFOの発着基地でもある とかゆーことを つぶやいていたのが

なぜかずーっと頭に残っていたものだから

兄から 古墳 とゆー ワードが出たときは 

ひとり

おおお  と つぶやきながら  プチわくしていた



そう

ここんところ

もう UFOにであいたくて たまらないのだ ☆




それにしても 8歳の頃から住んでるところなのに  

そんなすぐ近くに 古墳があることなんて 全く気付いていなかった



林の間をぬけると  

この公園でもっとも 立派とおもわれる 前方後円墳が あらわれる


五色塚古墳の比ではないけど  やっぱりどこかスペイシーなのだ


林の中をすすむと

今度は様相のちがった 丘のような古墳が 点々と あらわれる




林を抜けた広場には 巨大 埴輪レプリカ

てっぺんまでのぼれるみたいだけど、この日は扉がしまってた



後で知ったけど  茨城には 古墳が結構多い

そのせいなのかはしらないけど

UFOの目撃情報 かなり多いんです、茨城 

特に 水戸、笠間での目撃情報はほんと 昔から多い



そうして それらに影響されたのか

その日見た夢は

笠間山のようにみえる 山のふもとに

UFO発着台付きの 基地があって

そこへ いろんな色した マカロンそっくりなUFOが

ピロンピロンした音をさせて 旋回しながら

次から次へと 吸い込まれてゆくのを 杉林からみている


とゆーもの



夢の中ではリアルに出逢うこともある  らしいので

あの かわいいマカロンUFOは  

きっと リアルなのだ  

とおもってみようとおもう


たのしいし



この日を境に わたしはもーれつに 古墳がみたくなってしまい

ゆうじんにわざわざ車を出してもらい ドライブがてら 古墳巡りツアーにでかけた


きちんと 史跡として 管理されてるところもあれば

自然の中に埋もれて  山なのか 古墳なのか 判別できないところが多々ある



そうして ひととおり まわって

もう長いこと行かずで 気になっていた

神社へたちよる

県指定の天然記念物「酒列磯前神社の樹叢(じゅそう)」
 


わたしの産神のいる大洗磯前神社と ここ酒列磯前神社は 二つで一つの信仰をなしている


大洗磯前神社は東側を向き

酒列磯前神社は西を向いているので

大洗磯前 神社のように海を向いてはおらず 酒列磯前神社は陸向き

そのためなのか  社殿は 大洗磯前神社のような派手さが無く

とても落ち着いている


古く 地味 ではあるけれど  

記憶の中の さびれた感じはまったくなくて

おだやかながら

つよい  エネルギーが感じられた


江戸時代から手厚く保護されてきたという 神社周辺に広がる樹叢や 樹林は  

この地 本来の ふくざつな樹林の姿を 今に残しているそうで

この樹々が出す 気も ぞんぶんに感じられる場所だ


龍がいた

参道を折れた 眼下には  海



罔象女命を祭る 水神社もあるので  ちょっとあいさつして

つぎの目的の古墳を見にいこうとしたら


すぐそばの 空き地みたいなところに 

古墳という文字が掘られた ちいさな石碑が目にとびこんできた


どこにあるねん てまわりをみわたしても

草ぼーぼーの先に もっこりした 林があるだけ


そして その林ぜんぶが  前方後円墳だった



やっぱり 今日は そんな日なのだねえと

つぎつぎと みちびかれるように

古墳を目にしていったんだけど

いちばん気になっていた 星神社古墳 に なかなか行き着かない



見渡す限りの田畑に  

木々の密集した もっこりしたところが ところどころあって

どこも 同じよな風景にみえるし

番地も出てないし

星神社古墳じたいが かなりマイナーではあるんだけども



古墳は林の中にもある という 経験から

その もっこり林を ひとつひとつあたってみると

それぞれ 距離はそう離れてないのに 

どこのもっこり林にも 古い神社が建てられていて


人は昔から 神様と一緒に生きてきたんだなぁということを

あらためて 感じさせられる


おなじところを ぐるぐると走り回って

このままでは日が暮れてしまう とゆーことで


最初に通りすぎたときに

なんとなく道をたずねようと思っていた デイケアサービスのお店にもどり

目的地の場所を聞きにいった


すると そこの従業員の人たちが

みな 恵比寿さまみたいな顔で わたしを迎える

代表者と思われる おばさんがやってきたので事情をはなすと


どうしてそこへ行きたいの? と唐突に聞かれる


行ってはいけないとこなのかしらと 一瞬かえしにとまどいながらも

なんとなく 気になって   

とゆーことを伝えると


あれやこれやといろんなところに電話をしはじめて


あぁ 恐縮だなぁとおもっていたら


次の瞬間には

近いし わたしこーゆーの好きだから 車で誘導するわ

ついておいでっ

と外へとびだして はりきっている


ありがたいなぁと思って ついてゆくと

その場所は もう目と鼻の先だった



車を降りると 

おばさんが  さっきとは一変した口調で話しはじめた



じつはね  わたしも まだわかいころに

なんだか知らないうちに 車にのって 気付いたら この神社にきたことがあってねぇ

まぁ 意味があったんだけれども

だから、 わからないけどここにいきたい、なにか気になるっていう 場所や 人っていうのは 縁があるし

なにか意味があるのよね


と。

そのあとも しばらく話をきくと

どうもそのおばさんには 霊感のようなものが備わっていて

今ある店にも  今回のわたしのように

引き寄せられるように とつぜん人がやってきては 

神社のことを聞いてきたり

不思議体験を話しだしたり とゆーことが

よくあって

そういう人たちとは その後も縁が続いたりするそうで



神仏に興味があるときは  神様も いろいろと メッセージをたずさえて

その人その人のところへやってくるらしい



ひととおり 話終えたおばさんは

行くといいおすすめの 神社やお寺の名前をいくつもあげながら

すぐそばのやぶに垂れ下がっていた  熟れたからすうりをもぎり

その中から 無造作に種をとりだし わたしたちに手渡した


からすうりの種は  大黒さまの 打ち出の小槌によく似ていることから

縁起物とされる




ちなみに 大黒天が大元の大黒様は 大国主と 神仏習合されていて  大国主は 大己貴命の 別名でもある
(じぶんメモ)


おばさんは それからすぐ 

またあいましょうと 言って きえてった



星神社古墳は

星宮神社のなかにあった

神社の社殿は 311の震災でくずれ  いま ようやく立て直しがはじまったようだ



数ある 由緒ある古墳群の中から  

この小さな古墳が  はたまた この場所が

なぜ気になったのか

いまだ わからないけど

なにか 縁があるんだろうねぇ



そして そのすぐむかいの もっこり林の中には

村社の 鹿島神社があると聞き


鹿島神宮にも行きたかったところなので

これは立ち寄っていこうとゆーことに


うすぐらく なんだか さびしい感じの たたずまいだったけど

ひとまず あいさつだけはしていこう という気持ちになった


あまり 人がおとずれている感じが しなかった


拝殿の前で しばらくたたずんでから かるくあいさつをした

ものの10分くらいだったか

ちょうど あいさつを言い終え 車に戻ろうとしたときに

頭上のライトが点灯した


感応式にしては鈍すぎるくらいおそい


でもきっと

人が立ち寄ったことが うれしかったんだね


わたしたちが参道の終わりで振り向いた後も

煌煌と 光ってた


こころなしか

この場の気が かわったような気がしたよ




そんなこんなで

いちにちかけてまわった 古墳ツアー


たのしかったな


海のみえる町を はしり 

山のある町を おとずれ

やわらかにひろがる 田畑をながめ

ひろいひろい パノラマの空をあおぎ


いばらき  いいところだなぁと

あらためてかんじた



急にいいだしたことに

つきあってくれて


いっしょに おもしろがってくれた ぶーちゃんに 感謝



いつもありがとう




ついき じぶんメモ
その日の前日に

たまたまのたまたまで 

家族とおとずれることになった 一乗院 新年初の骨董市

そこにある 日本一のでかさの 毘沙門天(神道でいう大黒天)



そらにね  なんかぽんぽんと 数個 浮いていたのが 

写真にも うつってるんだけどね

なんだかわかりません


めがねかけてなかったもので


UFOでしょうか ☆




これは  真昼の月  ☆

 




















いばらき comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








え、これ、UFOでしょっ!! つかめちゃくちゃたのしく読ませてもらいました。もっと話ききたいです。のみましょう(笑)!
from. tak | 2012/01/18 19:49 |
ね、UFOっぽいよね、まじで。

でも いざそう信じると、ぎゃくに人に言えないもんだなあと思いました。
じぶんでも 確信というところでは あいまいだし。。

で、ここに 書いてみた よ 笑。
from. emcopain | 2012/01/19 23:12 |
最近upが早いので、まだ全部、読めていません。
古墳、いいですね。私もそんなところ、いってみたいです。

空と大地の風景の写真、いいなと思いました。
from. ishikawa | 2012/01/22 22:44 |
ishikawa さん


ブログをさぼりすぎていたので、 まわりにつつかれ

ちょっと がんばってみました 笑



古墳、おもしろいです!

ご自分で ピンときたところがみつかったら ぜひ 行かれること おすすめします ☆
from. emcopain | 2012/01/23 02:47 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/400
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢