〜銀河の森とひだまりの記憶〜

クレイアートの展示情報
なんでもない日々のつれづれを
不定期にお送りします

©2008 saoriyasunaka all rights reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ありがとろんと
ちょーど10年前
 
トロントでの展示でであったみんなと

東京で 二度目 8年ぶりの再会をはたす


8年もたっているのに 

その月日を感じさせないくらい

みんなよい感じで変わっていなくって

うれしかったなあ


それぞれが じぶんの道をしっかりあゆみつづけていて

それゆえにぶつかってゆく いろんな迷いや悩みとむきあっていて

共感することばかりだった


ものづくりって

表現って


ここんとこ そんなことばが やたらそとでもうちでもとびかう


ものづくりとか表現でたべてこーとすると 

ほんと収入の面では安定ってむずかしかったりするんだけど


安定してないってことより

身が自由であるとゆーことにフォーカスすれば

そのふり幅たるもの 大きくかわってゆくんだろなあと

みんなと話していて すごくかんじた


枠ははずさないと その外の景色はみれないんだもんね


さいごのさいごでふりしぼる勇気が いつもでない自分に

昨夜の宴は あたらしい風をふきこんでくれた気がする


その風がながれつくところへ

行ってみようっておもえるような 


からだ かるくしたいな  もっと


このたいみんぐでみんなと再会できて ほんとよかったな

そしてこのたいみんぐだからこそ 再会できたんだろな

これから もっともっと 

おもしろくなってゆくために 



そしてこのご縁を ずーと 

おもしろおかしくつないでくれた

トロントのいかした親爺に 最大の感謝と賛辞をおくる ☆



いちばんの旅の道標は

やっぱり

わくわくするか しないか だよなー














- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://emcopain.jugem.jp/trackback/500
<< NEW | TOP | OLD>>
Save the 下北沢